So-net無料ブログ作成
検索選択

イノシシ猟で60代男性死亡=散弾銃誤射か−長崎(時事通信)

 7日午後1時10分ごろ、長崎県南島原市北有馬町甲の山林で、イノシシ猟に来ていた同市有家町尾上の無職小川英昭さん(66)が、仲間の男性(62)が発砲した散弾銃の弾に当たり、約1時間後に死亡した。県警南島原署は、誤射とみて、当時の状況などを詳しく調べている。
 同署によると、男性は小川さんと2人で同日午前9時ごろから、イノシシ猟を開始。男性がイノシシを目掛けて1発発砲したところ、弾がそれ、5メートルほど離れた位置にいた小川さんの右肩甲骨付近に命中、左胸にかけ貫通したという。 

【関連ニュース
〔写真特集〕多発する銃犯罪
長男、長女も銃撃で失血死=一家4人死亡火災
夫婦にも銃創、近くに拳銃=一家心中か、全員の身元確認
4人死亡火災で現場検証=家族心中の可能性も
2遺体、胸に銃創か=1階に拳銃様の物も-4人死亡の民家火災・群馬

<東金女児殺害>公判での客観証拠重視を要望 福祉連盟(毎日新聞)
個所付け問題 首相が前原国交相の処分を検討(産経新聞)
アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)
<津波>警報無視?最大波到達前に住民次々帰宅 群大が調査(毎日新聞)
日本アイ・ビー・エムを強制調査=ニイウスコー粉飾事件−監視委(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。